コラーゲンを注入して自分の肌に自信が持てました

ニキビを凝視される被害妄想

コラーゲン注入コラーゲン効果のすべて

ニキビを凝視される被害妄想偶然に知ったがコラーゲンを注入1回でも高い効果を実感できる

私は子供の頃から、自分の肌にコンプレックスを抱いていました。
思春期の頃はひどいニキビに悩まされ、中学2年生の時には危うく登校拒否になってしまうところでした。
その理由は、ニキビをクラスの男子にからかわれてしまい、もう学校へ行きたくないと思ってしまったのです。
中にはたかがニキビくらいでと考える人もいるかもしれませんが、当時の私にとってはそのことが最重要課題のように感じていました。
鏡を見ることが憂鬱になってしまい、人と接することも嫌で仕方なかったのです。
人と話をしていると、その人の視線が動いてニキビを凝視しているような気分になってしまい、汚い肌だと笑われているように感じていました。
今になって当時を振り返ってみると、自分でも被害妄想だとわかるのですが、あの頃はそれを回避することができなかったのです。
ニキビがひどいことを親に相談したこともありましたが、父も母もその内に治るというばかりで、私がこれだけ悩んでいることを理解してはくれませんでした。
私自身は肌が汚いことが恥ずかしいことだと思っていたため、家族以外の誰かに相談することもできず、1人で孤独に悩みを抱えていたのです。
真っ赤に腫れていた中学生の頃と比べると明らかにきれいになった肌でしたが、それでも私は自分の肌に自信がありませんでした。